腰痛を改善するマットレスがあります

投稿日 2016年6月02日 木曜日

コメント コメント(0)

近年、現代医学の腰痛治療の常識はことごとく覆されてきています。しかし間違えていた治療方法だとわかったとしても他に腰痛を改善支援手段がない限り、行間に治療を継続するしかないというのが悲しい現実なのです。特に整形外科で腰痛治療する場合には、どうしても手術が優先されます。なにより担当医が手術をしたがるために患者の意思とは別に手術をされてしまうというケースもあるのです。もちろん整形外科の経営的側面もあります。いちにちに多くの患者を診なければ経営が成り立たないというので、いい加減な治療や手術を実施してしまうという不幸な現実があるのです。患者にとっては悲惨な状況ではありますが、現在の日本においては医療も立派なビジネスとなっているので、それも仕方ないのかもしれません。現代の医学は多くの命を助けている反面、原因不明の病気でもとりあえず手術をしてしまうという危険な側面も持ち直していると言えるでしょう。これはまるでサイコロを振るかのような賭けに近いような行為と言わざるを得ません。とてもひどい腰痛に悩まされていて、春にもすがる思いでいくつもの病院をハシゴしていた患者さんがいました。治りたい一心で医者の進める手術を受けましたが、結果は最悪で痛みが悪化したといいます。このような悲惨な状況にならないためにも、現代の腰痛治療が必ずしも万能ではないということ知っておくことが必要になるでしょう。特に問題なのは椎間板ヘルニアでしょう。椎間板ヘルニアといえば腰痛の主要な原因と言われていますが実は椎間板ヘルニアが腰痛と完全に比例した関係にあるとは限らないのです。 MRIなので見つかる、異常と腰の痛みの原因はあまり関係がありません。最近では整形外科の医師が腰痛の原因がヘルニアであるとは限らないという論文を書いております。椎間板ヘルニアの症状の施術で完全に取り除いたとしてもじつは腰痛が改善しないということはよくあることなのです。このことからも分かるとおり、椎間板ヘルニアと腰痛があまり関係がないのです。また整形外科に行くと鎮痛剤やブロック注射をされることがあります。鎮痛剤には血の流れを制限して壊れた組織の修復を遅らせるという副作用があることを忘れてはいけません。また必要以上に副交感神経を刺激してしまうために緊張状態が続き不眠症になったり高血圧を引き起こしたり糖尿病の引き金になる危険もあるということを知っておくべきでしょう。また鎮痛剤によって胃潰瘍が多発しているという現実もあるのです。またブロック注射が必ずしも腰痛を緩和するわけではありません。腰痛の原因は千差万別であり治療も人によって違うという事知っておいてほしいのです。もし本当に腰痛を改善したいのであれば、自分にあったマットレスを使うことを優先するべきではないかと思うのです。腰痛と睡眠時の姿勢は関連が強いと言われています。寝ている時腰に負担のかからない姿勢を取り続けることができれば確実に腰痛は緩和されます。そのためには自分にあったマットレスを使うことが何より重要になってくるです。特に高反発マットレスであれば寝返りが打ちやすく筋肉や関節にかかる負担が軽減されます。それにより朝までぐっすり寝ることが出来ストレスからも解消されれば腰痛はみるみるうちに改善していくのです。マットレスは高価な商品ですが一生使って健康維持できると考えれば決して高い買い物ではありません。インターネットで調べると、おすすめのマットレスが紹介されていますので、是非、自分にあったマットレスを選んでみてください。さらに、現代医学や従来の民間療法では全く歯が立たなかった原因不明の腰痛も自分に合ったマットレスを使うことによってほぼ改善されているということが証明されてきています。腰痛といってもその症状は千差万別です。す骨盤が歪んでいることが原因であることもあれば椎間板ヘルニアが原因となっていることもあります。特に症状の重い人は手当たり次第いろいろな治療法を試してみるのではないでしょうか。しかし症状が根本的に改善されるということはあまりないのです。むしろ症状は悪化していくことが多いと言われています。そしていろいろな整骨院や病院を何件もハシゴしてしまうジプシー状態になってしまうのです。あまりに症状が重くなると痛みのために性格まで歪んでくるといわれています。腰痛とはそれぐらい重たい症状なのです。次第に顔つきも目つきも悪くなり心もボロボロになっていってしまうのが重症の腰痛患者の実態なのです。ここまで来てしまうとてのほどこしようがなくどの治療法も効果が出ないので最後には精神安定剤を処方されるようになってくるのです。痛み止めと精神安定剤と睡眠薬を毎日飲みながら生活していくというのは本当に重症の腰痛患者の日々の生活になってくるのです。このような状態になる前に出来ることといえば、やはり自分に合ったマットレスを使うということではないでしょうか。最新のマットレスは高反発マットレスが中心なっており自然な形で寝返りがうてるように精密に設計されています。このようなマットレスを使えば精神的なストレスが解消されるために痛みを感じづらくなるといわれています。もともと腰痛とは腰の痛みではなく、脳みその疲労だと言われています。実際に椎間板ヘルニアの症状を持っている人でも痛みを感じる人と感じない人はいるのです。その原因を探ってみると脳みそのある部分の疲労度が大きく異なっていることがわかってきてるといいます。つまり脳の疲労によって腰痛を感じてしまうということなのです。そのためにはまずストレスを軽減することから始めればいいという考え方に基づけば、やはり何より睡眠を見直すことが先決になってくるのではないでしょうか。朝までぐっすり睡眠がとれることにより脳みその疲労が回復すれば腰痛も改善されるだろうという考え方です。そのために何より必要になるのはマットレスです。マットレスが自分に合ったもので朝までぐっすりと寝れるものであれば、ストレスは大幅に削減されるでしょう。そうなれば脳みその疲労が回復されたとえ椎間板ヘルニアの症状があったとしても痛みを感じることがなくなってくるのです。多くの方がマットレスと腰痛の関連性を本当は上手に理解していません。マットレスとはただ単に布団の1種であり、そこに重要な機能が隠されていると言う事は全く分かっていないのです。そのために何年も敷きっぱなしの敷布団で毎晩寝てる人がいるのです。しかし最新のマットレスであれば通気性が良く衛生的にも優れているので、その面でも健康に寄与するでしょう。また最新のマットレスは軽量化されているために、陰干しをするのも非常に楽になっています。風通しの良い所に干しておくだけでもダニに効果があるのでとても衛生的に睡眠をとることができるでしょう。また通気性が良いために真夏でも暑さを感じることがなく快適に見ることができます。もちろん汗を吸収してくれるので湿気という面でも十分に効果があります。健康のためにも最新のマットレスを購入してみてはいかがでしょうか。

コメントを残していただけると、読者の反応の改善に役立ちます。自由にコメントしていただいて構いませんが、スパム行為や他人を貶める誹謗中傷などはご遠慮ください。

コメントを受け付けておりません。